ニキビ

産婦人科でもにきびは治せる


ニキビ治療をする場合の医療機関としては、まず思い浮かぶのは皮膚科、次が美容皮膚科といったところでしょう。

なかなか思い浮かぶ人は少ないかも知れませんが、産婦人科というのも選択肢にはあり得ます。

というのは、ニキビができる主要な原因のひとつがホルモンバランスの異常です。そのホルモンバランスに最も精通している専門家、ということで、産婦人科の出番となるのです。

自分から産婦人科が思いつくような人は、おそらくはこれまでのニキビやほかのお肌のトラブルと、生理などでホルモンの調子が変わったときの関連を強く感じているのでしょう。

たとえば、生理前になると、きまってニキビが全身あちこちに噴き出す、といった具合です。

ホルモンのバランスを整える、というのは、生理不順ではよくある治療です。自分のニキビの原因がホルモンバランスと関係があるのなら、当然有効な治療になるでしょう。

中には、病院に行ったのは生理不順のせいで、その治療をしたら、ニキビまで治っていた、という人もいるようです。

もちろん、最初からニキビ治療が目的でも、ちゃんと受け入れてくれます。この場合、ホルモン関連だけで治療を進めるところと、化のうしているニキビならば、抗生物質での治療も並行して進めるところなど、やり方に違いはでるようです。

が、抗生物質は安易に使うべき薬剤ではありません。長期間使い続けると、菌に耐性を持つ菌が繁殖することもあるようです。

ホルモン関連の治療だけで済めば、その方が望ましいのはいうまでもないでしょう。