ニキビ

白いニキビ


青春時代にニキビを経験した人なら、いま悩んでいるニキビとちょっと様子が違う、とか感じませんか?

一口にニキビといっても、様々な種類があります。見分け方は比較的簡単です。見た目の色が違うのです。

「白いニキビ」「赤いニキビ」「黄色いニキビ」「黒いニキビ」「紫色のニキビ」……もし、ニキビに悩んでいるなら、これらの区別が付くようにしておきましょう。対策がそれぞれ違ってきます。

白いニキビはまだ、初期段階。軽症です。

毛穴に皮脂や汚れが詰まって、外に出られない状態です。炎症はまだありませんし、痛みやかゆみもほとんどないでしょう。

盛り上がった毛穴の先端が、白く見えるので、こう呼んでいます。

悪化させないことが大切です。規則正しい生活をし、食事も三食バランスよくとります。当然、油分は控えめに。皮脂の分泌が盛んになっては大変です。

便秘も関係します。老廃物が体内に多くなるので、毛穴の汚れにもつながるのです。ストレスも悪影響を与えます。

日ごろのスキンケアでは、洗顔が特に大事です。しっかりと泡立てた洗顔料で優しく洗いましょう。お肌をこすってはいけません。そうして、閉じた毛穴の先が開いてくるのを待ちます。そうなれば、後は自然とニキビの内容物が排出されるでしょう。

気になるからといって、手で触ってはいけません。指などに付いている細菌が入れば、たちまち炎症になり、悪化させてしまいます。指やつめで押しつぶすのは厳禁です。